トップページ>具体的消耗事例 床編
具体的事例-床

1)畳やフローリングの変色、色落ち

特に日当たりがいい窓辺など日照は通常の生活では避けられないものですので、それが原因の変色や色落ちは借主が負担する責任はありません。

2)家具の設置による床、カーペットのへこみや設置跡

人が居住すれば家具を設置するのは当然のことですので、設置だけで生ずるへこみ、跡は自然損耗になります。したがって借主が負担する必要はありません。

3)カーペットに飲み物などをこぼしたシミ、カビ

通常の生活で飲み物をこぼすなんてことはよくあることです。ただ、そのあとの始末についてはちゃんと手入れしておくことが無難です。
手入れを怠ることでシミ、カビにまでなれば借主の善管義務違反として責任を問われる場合もありうるということは想定しておきましょう。

4)フローリングのワックスがけ

借主の退去後に家主が原状回復費用(ハウスクリーニングに含ませる)として請求するケースもありますが、これは物件の維持管理に関する問題であり、借主には全く負担する責任はありません。


無料相談

敷金はあなたのお金です。
敷金返還に関する不満、疑問、その他お気軽にお問い合わせください。

電話お電話:050-3041-1248

(受付 9:00~17:00)

WEBフォームメール(WEBフォーム)

(24時間365日受け付け)

関連リンク

 

NPO法人日本住宅性能検査協会

日本敷金診断士会

(/)