トップページ>特約がある場合でも
原状回復の責任範囲

そもそも原状回復とは

「原状回復」を「借りたときの状態に戻すこと」とお考えの方が多いと思いますが、もし仮に入居者が借りる前の状態に戻すとすれば、支払った家賃は返してもらわなくてはなりません。

畳は普通に使っていても、すり減ってきますし変色も起こります。壁紙も経年劣化し黄ばんでくるのは当然です。それらを入居者がもとの価値まで戻すことはできませんし、その必要もありません。なぜなら、支払った家賃に壁紙の張り替えなどの費用はもともと組み込まれているからです。

下のグラフのように物の価値は、普通に使っていても年々下がっていきます。入居者の責任とされるのは、入居者の不注意、過失により本来の価値以下にした場合です。

graph


ただし、例えば 子どもが壁に落書きをしてしまったとします。家主側は入居者の過失として、壁紙の交換費用を請求します。家主はもともと次の入居者を確保するため壁紙の交換はする予定であったため、その費用を前の入居者が出してくれることになり得をします。一方、壁紙を通常の利用の範囲を超えることなく汚さなかった場合は次の入居者を迎えるための壁紙の交換は全額家主の負担になります。 汚れていてもいなくても交換するものであるなら、一方的に支払わされるのはおかしいことになりますね。しかも、年数を重ねて住んでいれば、価値がないものを弁償するような形になってしまいます。

責任の割合の判断が必要

入居者に過失があり、支払い義務が生じたとしてもそのもの(消耗品、建具などの違い)によって割合が変わります。敷金診断士はこれまで多くのケースで入居者が知らずに諦めていた敷金の返還額を公平な立場で判断します。


無料相談

敷金はあなたのお金です。
敷金返還に関する不満、疑問、その他お気軽にお問い合わせください。

電話お電話:050-3041-1248

(受付 9:00~17:00)

WEBフォームメール(WEBフォーム)

(24時間365日受け付け)

関連リンク

 

NPO法人日本住宅性能検査協会

日本敷金診断士会

(/)