トップページ>具体的消耗事例 壁編
具体的事例-壁

1)日光によりクロスが変色した場合

日に照らされて入居した当時真っ白だったクロスもだんだんと変色してきます。これは借主の通常使用でも避けられない自然現象ですので、借主の負担ではありません。

2)ポスターや絵などを壁に貼った画鋲やピンの穴

ポスターや絵、カレンダーを壁に貼るという行為は借主が通常に行うことであり、したがってこれらの画鋲やピンの穴は借主が修繕する必要はありません。

3)壁に物を設置した際の釘やネジの穴

鏡や時計を壁に設置することは多いです。これらは重さも軽いので釘など壁に打ち込んでささえることが多いですが、これも借主は負担する必要はありません。 では、大きな棚のようなもので重量物など通常設置するとはいえない場合はどうでしょうか。これらを設置すると結構大きな釘穴、ネジ穴で下地ボードに貼り替えが必要な場合はあるでしょう。これらは通常の損耗を超える範囲として借主が負担するケースが多いようです。

4)壁にポスターや絵を貼った跡のクロスの変色むら

このケースも通常使用によって普通にあるケースですので、借主が負担する必要はありません。

5)クロス、壁への子供の落書き

これは借主の善管義務違反として認定されることがほとんどでしょう。借主の負担となることが多いです。

6)電化製品(テレビ、冷蔵庫など)によるその背面のクロスの黒ずみ

入居した当時真っ白だったクロスもいわゆる電気やけによりだんだんと黒ずんできます。テレビ、冷蔵庫などは生活必需品ですのでこのような電気やけの損耗も借主の通常使用でも避けられない現象ですので、借主の負担ではありません。

7)エアコン設置による壁のネジ穴やビスの跡

テレビ、冷蔵庫と同様にエアコンを設置している家庭がほとんどでしょう。したがって、これらの設置による壁のネジ穴やビスの跡も通常使用による損耗として借主が修繕する必要はありません。

8)エアコンからの水漏れによる壁の腐食やカビの発生など

エアコンの保守・点検は所有者の行うものであり、その保守や点検を怠ったために発生した損耗については借主の善管義務違反として借主がその修繕費用を負担することが多いようです。
また、そのエアコンが家主所有で最初から設置されている場合でも、借主が水漏れに気ずいていても放置している場合には、やはり借主の善管義務違反として借主にその修繕費用の負担を求められるケースが多いようです。

9)引越し時にできた引っかき傷

引越し時に家具の移動の際に、友人と一緒に運んでいた家具があたって壁に大きな傷ができたなんてこともあります。この場合は借主の善管義務違反としてその修繕費用の負担を求められるケースがありますので注意してください。

10)犬やネコなどのペットの引っかき傷

賃貸マンションなどでは、今だペットの飼育可というところは少ないと思いますが、ネコの爪の手入れで引っかき傷が激しい場合など、借主の善管義務違反としてその修繕費用の負担を求められるケースが多いです。
このようにペットを飼育する場合は充分に注意する必要があります。
最近ペット可とする賃貸マンションもありますが、この場合も同様ですので大きな傷は借主負担を求められますが、軽微な傷は家主との話合いになりますが、免除となるケースもあるようです。


無料相談

敷金はあなたのお金です。
敷金返還に関する不満、疑問、その他お気軽にお問い合わせください。

電話お電話:050-3041-1248

(受付 9:00~17:00)

WEBフォームメール(WEBフォーム)

(24時間365日受け付け)

関連リンク

 

NPO法人日本住宅性能検査協会

日本敷金診断士会

(/)