トップページ>敷金返還までの流れ
image

敷金は、何も過失がなければ全額返ってくるものです。よくあるのは「長く住んでいるしもう敷金は返って来ないだろうなぁ」という声ですが、長く住んでいればものは減価償却されて価値が減っていきます。ということは過失があって支払わなくてはならない場合でも金額は少なくなるのが普通です。

不当な支払いを要求されないためにも、敷金診断士に立ち会いのもと、必要に応じ見積書を家主に提示するのが、多くの場合メリットがあります。

敷金返還までの流れは以下の通りです。

1.無料相談

まずはメールまたはお電話で、無料相談をご利用ください。
壁に穴をあけてしまったけど、いくらぐらいとられるだろうか?カーペットにシミが出来てしまったけどどうしようなど、どうぞお気軽に!

2.事前打ち合わせ

ご相談内容をもとに、立会が必要となれば退去立会の日程を調整して取り決めます。
敷金診断士が立ち会うというだけで、抑止力になります。

3.引っ越し

ご自分で取り付けた物等は、すべて室内から撤去しておいて下さい。
また、できる範囲で室内の清掃をして置いて下さい。

4.立会日当日

部屋での現況を確認したうえで、室内の状況を詳しく記録いたします。

5.査定書の作成

貸主側から提出される原状回復工事費用の負担額が妥当であるか検討し、必要であれば査定書を作成します。(敷金診断士が立ち会うだけで、査定書を作成する前に解決することがあります。)

6.敷金返還

原状回復費用の分担金額が、かけ離れている場合には、査定書をもとに、貸主側と協議して、お互いが納得したうえで敷金が返還されます。


無料相談

敷金はあなたのお金です。
敷金返還に関する不満、疑問、その他お気軽にお問い合わせください。

電話お電話:050-3041-1248

(受付 9:00~17:00)

WEBフォームメール(WEBフォーム)

(24時間365日受け付け)

関連リンク

 

NPO法人日本住宅性能検査協会

日本敷金診断士会

(/)